E-ne! ~good for you~ - Fm yokohama 84.7

YES! For You 今回のテーマ「持続可能な水産業②」

環境分野のエキスパートが登場。
毎週ラジオセミナーを開講する「YES! For You」!! 
今日は、Impact HUB Tokyoの岩井美咲さん
WWFジャパンの山内愛子さんが登場!!

Img_1068


先週に引き続き、持続可能な水産業について、お伺いしました。




今回この「OCEANチャレンジプログラム」を企画されたのには
どんなキッカケがあったのでしょうか?
海の保全ですとか持続可能な水産業の言葉の裏には様々な課題が見え隠れしている
と思っていて、その中には漁業・水産業従事者の方の収益の減少だったりとか
後継者不足、漁獲量の減少っていう問題が挙げられるんですけどもその一つ一つの
課題に別々に取り組むのではなくって少し距離を置いて離れてみた時に、
実はその問題って一つ一つ繋がっているんじゃないかなと思ってます。
そこから現在それらの課題に取り組むような人々が様々な見地から解決をしようと
していて、そのような中小規模の事業者さんの支援を行いたいということで
今回の企画まで漕ぎつけてます。


お互いのこうありたいというものが一致した結果ってことですよね。
実際最初にWWFのヨーロッパの担当者からImpact HUBさんを紹介してもらって
実はこういう取り組みをスイスであったりブラジルでやっているんだよ、ということを聞いて
それはすごく面白いと思って日本でも何かできないかなと思ったのが最初のキッカケ
だったんですね。で、岩井さんをはじめImpact HUBさんにお会いして話してみた所
本当に真面目にこれはどうでしょうか、ああでしょうかという話の中ではなくてお互いに
盛り上がる感じでこうやったら面白いんじゃないか、こうやったらできるんじゃないか
みたいにポンポンポンとプログラムの形が出来ていったというのがテンポが早かったですね。


最初に会ってから「OCEANチャレンジプログラム」を立ち上げるまでど
れくらの期間だったのですか?

夏ぐらいにお会いしてそのままやりましょうという形でお返事を頂いて
企画もかなりスムーズにいきました。
お互いにお互いの分野で活動してきた経験であったりとかが化学変化ではないですが
うまくそこに形が見えたことがお互いにあったんじゃないかなと思います。



「OCEANチャレンジプログラム」でWWFジャパンは
どういった関わり方をされるんのでしょうか?

色々と取り組まれてる方の中にも本当にその取り組みが将来の世代に渡って
環境保全に繋がってるのかとか、持続可能な水産業の推進に繋がっているのか
ということを確認されたりしたいってことはあると思うんですね。そういった意味で
WWFからは海洋保全であったり持続可能な水産業に関する最新の情報提供と
どういった風に彼らの成果をはかっていけば良いかという所のアドバイスを
僭越ながらさせて頂ければと思っています。

Impact HUB Tokyoはいかがですか?
Impact HUB Tokyoとしては主にプログラム全体の構成を考える部分ですとか
あとはファシリテーターということでプログラムの進行を主にやっていくことになります。
今回のプログラム自体はそれぞれが講習を受ける形で学ぶのではなくて、
参加された方々のチームラーニングによってやっていくので、そのチームラーニングや
お互いの対話を促進したり私達がすでに持っているImpact HUB Tokyoの
コミュニティと外部の専門家の方に繋ぐことによって、起業に関するノウハウを
提供していくってことをしていきます。



7日間のプログラムということですけどプログラム自体はどういう流れで
7日間過ぎていくんでしょうか。

全体7日間ですけどそれが3つのワークショップに分かれている形になっていまして、
最初のワークショップが3日間、次に2日間、最後に2日間という形になっているのですが
その中では色々な事業を立ち上げることへのノウハウを皆さんに学んで頂いたりとか、
外部の専門家を混ぜてアドバイスをチームごとに頂いたりということもありますし、
最終日には外部のメディアの方々だったりとか将来的にサポーターになってくれるような
人との出会いの機会としてピッチイベントということで事業計画案の発表会というのを
設けようと思ってます。


ということはそこでマッチングが上手く行けば今回のこのWWFジャパンと
Impact HUB Tokyoがあっと
言う間に夏からここまで来たように
パパッと事が実現していく可能性もあるってことですよね。

そうなるといいなと思ってます。



…と、お話してくださいました!



Ocean チャレンジプログラムは現在参加者を募集しています。
応募の締め切りは来年1月8日ですが、オンラインでの事前説明会が1月6日にあります。
詳しくはOceanチャレンジプログラムのHPまで。

http://www.team360.impacthub.tokyo/




⇒ 放送を聴き逃し方!このリンクをクリックで聴けます♪

top