E-ne! ~good for you~ - Fm yokohama 84.7

「Editor's Choice」は、「プレジデントウーマン」編集部の戌亥さんに聞く"運とツキが手に入る、捨て連!!"

毎週月曜日、この時間は「Editor's Choice」
ファッション、ビジネス、カルチャー、トラベル、アウトドアなど、
様々なジャンルの雑誌編集者の方に、最新トピックスをお聞きします。


今週お話をお聞きしたのは、
「プレジデントウーマン」編集部の戌亥()()()さんshine

Photo_3

2015年6月に創刊した、女性向けビジネス情報誌。
ワーキングマザーからシングルの方、ディンクス(共働きで子供を持たない)の方、
しっかりと自分の先を見据えて、仕事を続けたい、人生を謳歌したい、役職も目指したい…
そんな働くすべての女性を応援する雑誌です。

現在発売中の1月号で、戌亥さんがご担当された特集が
運とツキが手に入る"捨て連"開運ブック2017

不用品を不要と認識して、捨てる練習を始めよう!略して…捨て練
物は、自分が意識しないと増え続けます。
仕事場のデスクが汚くて、資料が見つけられない!そんな人は、
パッと答えたくても、資料を探しているうちに人を待たせてしまったり…
運が逃げていく恐れも。。

また「問題を先送りにしてしまう」、「タダの物はとりあえず貰ってしまう」、
「気付けば探し物をしている」…こういう人も運を逃しているので、要注意


戌亥さんのアドバイスは…

小さいところから始めるのがポイント!

いきなりクローゼットから片づけ始めると、完璧主義の人は何日もかかって挫折する!
はじめやすいのは、「お財布」から!
不要なレシート・使っていない割引券などは、一回捨ててもまた溜まる。
“いる量だけ持つ”という決断が大切。
判断をして、決断をして、それをキープする力…それが捨てる達人への道になります。



一日一個、何かを捨てる!これが練習になる。

溜めこむ人は、捨てられない人なので、2つあったらどっちを捨てようかと考えてしまう!
一個いらない物を見つけて捨てる方が、単純・簡単!
一分以内で判断も付きやすいので、一個からスタートしましょう。
いらないと思ったら、すぐに処分。
ゴミをゴミと認識する事、何も置かないスペースを徐々に広げていくこと、
これを繰り返していくと、捨てることが楽しくなってきます!



そして、戌亥さんから最後のメッセージです!!

「やはり運を呼び込むというのは、自分の身の回りを整えていくことに繋がりますので、
是非、「一日一個」からスタートして、皆さんも“捨てられる体質”を掴み、
どんどん運を掴んで行ってください!」



「プレジデントウーマン」 1月号は、税込み650円で発売中!


プレジデントウーマン公式HP

top