E-ne! ~good for you~ - Fm yokohama 84.7

ラジオフレンズ~つながるラジオ~「おだがいさまFM」

福島県 郡山市にある
「富岡町臨時災害FM おだがいさまFM 」



「おだがいさまFM」のスタッフでもあり、パーソナリティでもあります、
富岡町社会福祉協議会の吉田恵子さん に電話でお話を伺いました。



おだがいさまFMとは、
76.9MHz 出力10w
2011年の5月27日、郡山市内の避難所であった「ビッグパレットふくしま」でミニFMを開局。
8月末の避難所閉鎖まで放送。その後、2012年2月15日に同じく郡山市内富田町に
開設された富岡町生活復興支援センターにて「おだがいさまFM」を開局。
センターの中にスタジオがあり、郡山市内とインターネット(サイマルラジオ)で放送しています。


東日本大震災、福島第一原発事故から1年目の2012年3月11日に
臨時災害放送局として開局。
臨時災害放送局は、被災した土地に作ることが必須条件。富岡町は被災地ですが、
立ち入り禁止となっていて、全町民が避難しているため、そこからの放送はできない。
では、避難先である郡山市で開局したい、と立ち上がったが、全町避難での前例がないため、
大変でした。また、避難所であるおだがいさまセンターができあがるまで申請を
待たなければなりませんでした。センターが2月15日に開所。申請許可待ちの状態でも
絶対に3月11日に開設します!と宣言し、その宣言通り、開局となりました。




現在は日替わりパーソナリティで、
平日月曜日~金曜日は、朝・昼・夜に生放送(収録の場合もあります)
土曜日は、お昼のみ生放送
毎月1回、特番の放送もしています。



現在、郡山市から神奈川県に避難している人数は、およそ400名。
2013年から始まった福島県の復興支援プログラム
「江の島フラ・パラダイス」も今年で3年目。今年も4月に
江の島サムエル・コッキング苑で開催されました。富岡町のご家族を招いての開催。
富岡町の平均年齢76歳のフラチーム「ワロハ」は、富岡町復興応援ソング
「桜舞う町で」のフラを1年かけて練習した成果をステージで披露!
このような場所でも、神奈川と富岡町はつながっています。



富岡町臨時災害FM おだがいさまFM」は、
インターネットを通じてサイマル放送http://simulradio.info/を聞くことができます。


おだがいさまFM
http://www.odagaisama.info/?page_id=26


おだがいさまFM Twitter
https://twitter.com/odagaisamafm




top